人探しをするために集めるべき情報

情報をしっかり集めてから捜査する

>

事件に巻き込まれている可能性

いなくなった場所を確認

どこでいなくなったのか、特定することが大事です。
急にいなくなった場合は、来るまで連れ去られた可能性があります。
いなくなった場所が分かったら、周辺で聞き込みをしてください。
すると、いなくなった時間帯も分かります。
その周辺で、不審な車が見られなかったか調べましょう。
誘拐事件が起こったら、早く犯人を見つけてください。

解決が遅れると、本人の安否に関わります。
聞き込み以外に、インターネットを使って情報収集しても良いですね。
インターネットで目撃情報を募ってください。
すると早く、有益な情報を集めることができます。
少しでも早く事件を解決できるように、いろんな方法で情報収集をしてください。
行方不明者が出たら、早く探しましょう。

防犯カメラなどもチェック

人に聞くだけでは有益な情報を入手できないかもしれません。
不審者や不審な車の情報を入手したい場合は、監視カメラの映像もチェックしましょう。
人通りが少ない時間帯に連れ去られた、場合は、目撃している人を見つけるのが難しいです。
聞き込みだけでは、いなくなった時間帯や場所も特定することができません。
監視カメラなら人が全くいない状態でも、証拠が残っている可能性があります。

事件が起こった時は、監視カメラの情報を調べることを忘れないでください。
監視カメラには、時間が記載されています。
連れ去られた瞬間が録画されていれば、どこで何時に誘拐されたのかも分かります。
場所と時間は、犯人を捕まえるために欠かせない情報です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る