人探しをするために集めるべき情報

情報をしっかり集めてから捜査する

>

本人がいるかもしれない場所の情報

個室があるところを集中的に探す

カラオケボックスやインターネット喫茶には、個室があります。
さらに深夜や朝方まで経営している施設は、家出人が潜んでいる可能性が高いです。
本人がよく行っていたカラオケボックスの情報を入手して、その近隣を探してください。
手がかり無いと、どこを探せば良いのか判断できません。
見当違いなところを探していても、時間が無駄に経過するだけです。

早く保護できるよう、行きそうな場所を調べてください。
本人とよく遊んでいる友人に話を聞くと、頻繁に訪れる場所が分かると思います。
たくさんの情報を入手できれば、ある程度場所を絞れます。
付近で待っていれば、本人と出会えるかもしれません。
家出人を探す際は、場所の特定を急いでください。

友人の家も探すべき

もしかしたら、友人が本人を匿っているかもしれません。
友人の家も、探すように心がけてください。
そのためには、本人が誰と仲が良かったのか把握する必要があります。
ただのクラスメイトという関係の人に話を聞いたって、有力な情報は得られません。
頻繁に遊ぶほど仲が良かった人から、話を聞いてください。
友人は嘘をついて家出人を隠すかもしれないので、こちらが本気で心配していることを伝えてください。

こちらの想いが通じれば、居場所を教えてくれると思います。
学生は1人で行動することが難しいので、友人の家に入るケースが多いです。
仲の良い友人がたくさんいる場合は、全ての家を回ってください。
またその周辺で、聞き込みも忘れないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る