人探しをするために集めるべき情報

情報をしっかり集めてから捜査する

>

人探しをスムーズに進める工夫

どんな人がいなくなったのか

いなくなった人を探す際は、街で聞き込みをするのが良い方法です。
すると最後に、見かけた目撃者がいるかもしれません。
聞き込みをする時に、本人の特徴が少ないと有力な情報を得られません。
服の色や履いていた靴などを細かく伝えると、目撃者が思い出しやすくなります。
また髪の毛の長さや、身長などを伝えても良いでしょう。
外見に関する情報は、どんなことでも大切です。

人通りの多いところで聞き込みをしていれば、目撃者が何人も現れるかもしれません。
本人を目撃した場所を順番に探せば、きっと見つかると思います。
事件に巻き込まれる前に本人を見つけ出して、保護してください。
そのために外見の情報を、たくさん集めることを心がけましょう。

持ち物も特徴になる

カバンを持っていた場合は、それも外見の特徴に含まれます。
聞き込みをする際は、持ちものも具体的に説明しましょう。
ただカバンを持っていたという情報だけでは、イメージしにくいです。
何色のカバンで、どのくらいの大きさなのか伝えてください。
肩にかけるタイプからリュックなど、カバンにも種類があります。
どんなタイプのカバンなのかも伝えましょう。

本人の部屋を見ると、バッグが無くなっていることに気付くかもしれません。
無くなっているということは、本人が持って行っているということになります。
大切な人がいなくなったら、まず家を調べて何が無くなっているのか調べましょう。
同じように無くなっている靴は、履いている証拠になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る