人探しをするために集めるべき情報

情報をしっかり集めてから捜査する

人探しをスムーズに進める工夫

どんな服を着ていたのか、髪の毛の長さ、身長など、見た目に関する情報が重要になります。 街中で聞き込みをする時に、詳しく探している人の説明ができるように外見の情報を集めてください。 詳しい説明ができれば、目撃者から有力な情報を入手できるはずです。

いなくなった人の特徴

家族や友人など、大事な人がいなくなったら心配になりますよね。
事件に巻き込まれているかもしれないので、早く探してください。
探す時は、いなくなる前に本人が来ていた服などを把握してください。
街に出て、聞き込みをすると思います。
その時に特徴が無いと、誰かに尋ねることができません。
髪形や身につけているものなど、特徴になりそうな情報を集めてください。
街で聞き込みをすれば、目撃者が現れるケースが多いです。
特徴を細かく伝えて、目撃証言を得てください。

本人が行きそうな場所も、いくつかピックアップしましょう。
家出の場合は、そこに潜んでいる可能性が高いです。
特にカラオケボックスやインターネット喫茶など、個室になっていて休める施設を探しましょう。
本人の友人に聞くと、行きそうな場所が分かると思います。
意外と近くにいるかもしれないので周辺の施設をよく探しましょう。
施設の近くで、聞き込みをするのも良い方法です。

いなくなった時刻や場所も知ってください。
事件に巻き込まれていた場合は、事件解決に大きく繋がります、
いなくなった場所で、不審な人物や車が目撃されていないか確認してください。
車には、ナンバープレートがあります。
そこから犯人の車を割り出せるので、事件解決に結びつきます。
人を探している時は、どんな些細な情報でも見逃がさないでください。
また、早く探し始めることを意識してください。
探すのが遅れると、手遅れになるケースもあります。

本人がいるかもしれない場所の情報

家出をした場合は、普段から行く場所に行く傾向が見られます。 特に学生は、お金が少ないので電車に乗って遠くに行くことはできません。 近隣のカラオケボックスなどを探せば、見つかると思います。 本人がよく行っていた場所の情報を入手して、捜査に活かしましょう。

事件に巻き込まれている可能性

家出ではなく、何かの事件に巻き込まれている可能性があります。 その場合はいなくなった時間帯や、場所を把握してください。 その付近で不審者や不審な車が目撃されていたら、重要な手がかりになります。 事件が起こっている場合は、一刻も早く解決しなければいけません。

TOPへ戻る